■脱毛情報:薬液でムダ毛を溶かす仕組みの脱毛クリーム

■脱毛情報:薬液でムダ毛を溶かす仕組みの脱毛クリーム



■脱毛情報:薬液でムダ毛を溶かす仕組みの脱毛クリームブログ:2017-11-06


減量には
正しい減量と間違った減量があると思います。

間違った減量というのは、
やってはいけない減量、
つまり、健康に何らかの悪影響を与えてしまう
危険性のある減量です。

炭水化物や油・脂肪を一切摂らない…といった
「特定の食品や栄養素を極端に避ける減量」は、
体に必要な栄養素を摂れなくなってしまうだけでなく、
必要のない栄養素を大量に摂ることにもつながります。

逆に、
「特定の食品や栄養素を極端に摂る減量」もありますが、
こちらも同様に危険です。

例えば、
「ある食品は脂肪を燃やす」という理由で
長期間に渡ってその食品ばかりを食べる減量の場合、
そのような食品は一時的にエネルギーの消費を高める程度のものなので、
減量としての大きな効果は望めませんし、
逆に偏食となってしまい、栄養失調にもつながります。

さらに、間違った知識から、
特定の食材を通常とは違う調理方法で食べてしまい
体の調子を崩すなどの健康被害が起きることもあります。

また、
全くトレーニングをせずに、食べる事量だけを減らして
やせようとするのも間違った減量法です。

トレーニングをしないと体脂肪だけではなく、
筋肉まで一緒に落ちてしまいます。

筋肉が減ると基礎代謝量が落ち、
脂肪が燃えにくい体になってしまう事で、
むしろ、やせにくく太りやすい体になってしまいます。

すると、
リバウンドした時には脂肪だけが増えますので、
減量する前よりも
体脂肪の割合が増えている状態になってしまいます。

減量は正しい知識を持ち、
無理のないように計画的に行いましょう。

■脱毛情報:薬液でムダ毛を溶かす仕組みの脱毛クリーム

■脱毛情報:薬液でムダ毛を溶かす仕組みの脱毛クリーム

★メニュー

■脱毛情報:脱毛サロンの予約方法
■脱毛情報:口コミ情報などをチェックして脱毛器選び
■脱毛情報:脱毛器を購入する前に
■脱毛情報:薬液でムダ毛を溶かす仕組みの脱毛クリーム
■脱毛情報:便利な脱毛クリームの存在
■脱毛情報:ヒゲがあまり似合わない日本人男性
■脱毛情報:どうしてヒゲが一気に生えてくるのか?
■脱毛情報:ヒゲが濃い人は男性ホルモンが多い
■脱毛情報:疑問や不安があればきちんと確認
■脱毛情報:誰でも簡単に脱毛できる


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)総合脱毛情報ステーション