■脱毛情報:脱毛サロンの予約方法

■脱毛情報:脱毛サロンの予約方法



■脱毛情報:脱毛サロンの予約方法ブログ:2017-5-19


コンニチワー

減量中は、
おやつは控えた方が良い!
というのは、わかっているんですが、
なかなか我慢できませんよねぇ~?

で、ボクは考えてみました…

「おやつを食べたーい!」という人の頭の中は
「おやつ」→「美味しい」→「幸せ」
というイメージの連鎖ができていますよね。

だから、お腹が空いていなくても、
おやつのパッケージを見たり、イメージするだけで、
甘い味や匂いや食感を思い出して
食べたくなってしまい、ついつい手が出てしまうのです。

実際、
おやつを食べている時には
確かに美味しくて、
一時的に幸せな気分になるかもしれません。

しかし実際には、
食べ終わった後から、後悔と罪悪感が始まりませんか?

そうやって食べられた食物は、
ストレスとなってエネルギーとして発散されにくく、
その結果、脂肪になりやすくなるみたいですよ!

これって全然幸せなことじゃないですよね?

つまり
「おやつ」→「美味しい」→「幸せ」
ではなく
「おやつ」→「罪悪感」→「脂肪」→「不幸」
なのです!

だから、
おやつのパッケージを見ながら、
食べてしまって後悔したことを思い出し、
そのイメージが常に思い出されるようになるまで、
何度も反復してイメージすれば良いと思うんです。

太っている自分のお腹を写真に撮るなんていうのも、
効果的かも…

何度も何度もおやつのパッケージを見たあとで、
後悔した思いや太った写真を見て、
「おやつ」→「不幸」
というイメージを徹底的に焼きつけるのです。

そうすれば、
おやつのパッケージを見ても、美味しそうな匂いを嗅いでも、
「もうあんな思いするのは嫌だ!」と思って
手が出なくなるんじゃないでしょうか?

■脱毛情報:脱毛サロンの予約方法

■脱毛情報:脱毛サロンの予約方法

★メニュー

■脱毛情報:脱毛サロンの予約方法
■脱毛情報:口コミ情報などをチェックして脱毛器選び
■脱毛情報:脱毛器を購入する前に
■脱毛情報:薬液でムダ毛を溶かす仕組みの脱毛クリーム
■脱毛情報:便利な脱毛クリームの存在
■脱毛情報:ヒゲがあまり似合わない日本人男性
■脱毛情報:どうしてヒゲが一気に生えてくるのか?
■脱毛情報:ヒゲが濃い人は男性ホルモンが多い
■脱毛情報:疑問や不安があればきちんと確認
■脱毛情報:誰でも簡単に脱毛できる


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)総合脱毛情報ステーション